ジブリ美術館

ジブリ美術館

マンスリーレポート

三鷹の森ジブリ美術館 2018年1月 マンスリーレポート

「麦わらぼうし」の新メニューを紹介! 冬を楽しむぽかぽかメニューが新登場!

お兄ちゃん
お兄ちゃん

マンスリーレポート

企画展示「食べるを描く。」にちなんだ品々を味わおう

11月まで会期延長が決定した企画展示「食べるを描く。」。大好評の企画展示にちなんだ新メニューが、カフェ「麦わらぼうし」に誕生したよ。“コクリコ坂から”に登場するコロッケがモチーフの『ひなげし坂のコロッケ』は、お肉屋さんのコロッケだけあってとってもジューシー。『空とぶ海ぞくのスープ』はトマトベースのスープ。具材が大きめにカットされていて、タイガーモス号の船員も大満足の食べ応え!

まるで“魔女の宅急便”から飛び出してきたような『マダムのおさかなパイ』は、早くも大人気。パイのなかにはニシンとカボチャ、グラタンソースがたっぷりで、野菜の旨味を感じられる優しい味わいに仕上がっている。デザートには『麦わらぼうしのシベリア』はいかが? カステラと羊羹の間に塗られたチーズクリームがアクセント。ミルクの風味が広がるよ。

『ひなげし坂のコロッケ』『空とぶ海ぞくのスープ』

▲“天空の城ラピュタ”をイメージしたデミグラス風味の『空とぶ海ぞくのスープ』(右・税込650円)
油切れが良く、いつまでもサクサク食感の『ひなげし坂のコロッケ』(左・税込400円)

マダムのおさかなパイ

▲生地からすべて手作りの『マダムのおさかなパイ』(税込1,600円)。全粒粉の香ばしいパイを崩して、ソースや具材と一緒に食べよう

麦わらぼうしのシベリア

▲“風立ちぬ”の公開時にも販売された『麦わらぼうしのシベリア』(税込600円)。つぶあんからこしあんに変わったことで、食べ口がよりなめらかになっている

※『マダムのおさかなパイ』は1/31終了予定です。
 

Photo /村上宗一郎


映像展示室「土星座」

水グモもんもん(約15分) 1月3日(水)〜1月31日(水)まで上演

※過去のマンスリーレポートにて掲載の内容に関しまして、既に終了しているイベント・展示・メニューがあります。
予めご了承願います。

チケットは事前予約制。ご購入はローソン店内のLoppi、ローチケHMV(オンライン)から!

三鷹の森ジブリ美術館 TOPに戻る



TOP