ジブリ美術館

ジブリ美術館

マンスリーレポート

三鷹の森ジブリ美術館 2018年4月 マンスリーレポート

2階ギャラリーの展示を紹介! “ボロ”の目から見える世界を体験!

お兄ちゃん
お兄ちゃん

マンスリーレポート

草むらに入り込んだ気持ちになれるギャラリー展示『毛虫のボロ』展

映像展示室「土星座」で3/21より上映されている最新作『毛虫のボロ』。映画で描かれる“虫の目から見た世界”を体験できる『毛虫のボロ』展が、2階ギャラリーで開催中!
ギャラリーに入ると、大きな葉やおそろしいカマキリ、カリウドバチなどの外敵が現れ、床にはボロたちのウンチが転がっている。壁を見るとハダニやアブラムシ、フタホシテントウムシ、ダンゴムシがとまっていたり、ボロになって草むらに入り込んだような気持ちになれる仕掛けがあちこちに施されている。さらに宮崎駿監督のこだわりが詰まった貴重なスケッチが数多く貼られたパネル、映画を制作するきっかけになった漫画『空飛ぶあくま』、CGを取り入れた作画など表現方法を紹介する展示物もあり、見どころ盛りだくさん。映画と合わせて、ボロの魅力をたっぷり味わおう!

01

▲2階ギャラリーは出入り口が2つあるので、それぞれから見える世界を比べてみるのも楽しい

02

▲ちょっと怖いけどどこか可愛いハダニたちがとまっているよ!

03

▲宮崎駿監督が映画を作るために描いたパネル

Photo /村上宗一郎


映像展示室「土星座」

毛虫のボロ(約14分) 3月21日(水)〜8月31日(金)まで上演

※過去のマンスリーレポートにて掲載の内容に関しまして、既に終了しているイベント・展示・メニューがあります。
予めご了承願います。

チケットは事前予約制。ご購入はローソン店内のLoppi、ローチケHMV(オンライン)から!

三鷹の森ジブリ美術館 TOPに戻る



TOP