ジブリ美術館

ジブリ美術館

マンスリーレポート

三鷹の森ジブリ美術館 2018年11月 マンスリーレポート

新企画展示を見に行こう!11/17[土]より『映画を塗る仕事』展がスタート!

お兄ちゃん
お兄ちゃん

スタジオジブリの“彩色”に迫る新企画展示!高畑勲・宮崎駿両監督の表現とこだわりを紐解く

pic01

11/17[土]より、新企画展示『映画を塗る仕事』展がいよいよはじまる。
今回の企画展示のテーマは“彩色”。映画において色は、その架空の世界にリアリティを持たせることと大きく関係しています。とりわけアニメーションの動く絵では、限られた色数の中でも彩色にさまざまな工夫を施すことで、キャラクターに生き生きとした実在感を与えるとともに、それぞれが抱く心情をも伝えることができる。
 スタジオジブリのアニメーションの礎を築いた故・高畑勲監督や宮崎駿監督は、「登場人物とその日常を丁寧に描き、実写とは違ったリアリティをもたせることで、観客の心に訴えることができる作品」を目指してきた。現実を写し取るための風景選び、光の当て方による時刻や天候の表現、物の材質や質感といったディテールさえも感じられるような色の選択など、作品世界をより豊かにするための工夫を重ねながら作品作りをしてきたのだ。『映画を塗る仕事』展では、彩色の面から両監督が表現してきたもの、そのこだわりに迫る!

当時のセルを間近に見てみよう彩色の奥深い知恵と工夫
高畑勲監督と宮崎駿監督を支えた色彩設計の故・保田道世さんの手腕を、当時のセルを用いて紹介。セル絵の具の限られた色数の中で、監督からの要求に最大限に答える努力を惜しまなかったスタッフの知恵と工夫に注目しよう。展示を通して、“彩色で表現されるもの”が見えてくる!

Ⓒ Studio Ghibli
© Museo d'Arte Ghibli


映像展示室「土星座」

※過去のマンスリーレポートにて掲載の内容に関しまして、既に終了しているイベント・展示・メニューがあります。
予めご了承願います。

チケットは事前予約制。ご購入はローソン店内のLoppi、ローチケHMV(オンライン)から!

三鷹の森ジブリ美術館 TOPに戻る



TOP