廃棄物削減

発生抑制とリサイクル

店舗廃棄物の排出量を測定

ローソンでは、廃棄物の削減やリサイクルを促進する上での基礎データにするため、店舗の廃棄物の実態調査を継続して行っています。

2019年度の食品を除く廃棄物は1店舗1日当たり38.7kg(東京都内約500店舗の実績)。同じく売れ残り食品は5.9kg、食用油(廃油)は2.5kg、合計8.4kgを排出しました(食品リサイクル実施店舗約2,800店の実績)。

●1店舗1日当たりの廃棄物量推計

1店舗1日当たりの廃棄物量推計

食品廃棄物とそれ以外の廃棄物を合計すると47.1kgになります
期間:2019年4月1日~2020年3月31日

取り組み(1)発生抑制

余分な商品、ムダな廃棄を出さない仕組み

廃棄物の発生抑制に向け、製造段階では、原材料の投入量、出来高量、盛り付け量など、すべてグラム単位で計量して商品を製造する「生産加工管理システム」を導入しています。

店舗ではお弁当やおにぎり、調理パンなどの商品の発注に「セミオート(半自動)発注システム」を導入しています。これは個店ごとの売上動向や客層の情報、天気などのさまざまな情報を分析して「自店に最適な品揃え」と「商品別の発注数」を自動的に推奨するシステムです。その上で、発注者が地域行事などを考慮して品揃えと発注数を検討することで、さらに発注精度を向上させています。お客さまにとって欲しい商品がいつでもあるように、品揃えと発注数を適正化することによりムダな廃棄を抑制しています。また、店内で調理を行う「まちかど厨房」では、お客さまの動向に合わせて製造をコントロールしています。

米飯工場での原料計量によりムダを削減
米飯工場での原料計量によりムダを削減

取り組み(2)再生利用 - 廃油リサイクル

廃油のリサイクルを全国14,411店舗で実施中

2006年1月から開始した廃油リサイクルは、2020年3月末時点で、グループ計14,411店舗で実施しています。店舗から排出された廃油は産業廃棄物の収集運搬業者が回収し、リサイクル工場に搬入。飼料用添加剤(家畜のエサの材料)、バイオディーゼル燃料や無添加石けんなどに再生されます。

廃油のリサイクルは、一定基準を満たしたお取引先を本部が店舗に推奨し、東日本・西日本・九州地区3社の管理会社を通して取り組みを進めています。本部・管理会社・本部推奨取引先が一体となり、法令順守をはじめ、管理レベルや回収サービスレベルの向上を目指しています。

年に1回、全国の推奨取引先と「全国廃油取引先会議」を開催し、意見交換を行いながら課題の解決や情報の共有等を行っています。

※新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、2020年度は「全国廃油取引先会議」の実施を見合わせました。

▲ 廃油プラント
廃油プラント
▲ 廃油をリサイクルしてできた製品
廃油をリサイクルしてできた製品
▲ 全国廃油取引先会議
全国廃油取引先会議

取り組み(3)再生利用 - 食品リサイクル

売れ残り食品の飼料化・肥料化リサイクル

2006年5月から開始した売れ残り食品のリサイクルは、2020年3月末時点で、グループ計2,775店舗で実施しています。販売許容期限を過ぎた弁当類は、飼料(豚やニワトリのエサ)や肥料にリサイクルされています。

ローソングループでは、食品リサイクル工場や収集運搬会社の選定、処理コスト面等の課題を解決しながら、持続可能なリサイクルの実施地区拡大に取り組んでいます。
富山県や新潟県長岡市では、売れ残り食品を発酵させて発生したバイオガス※を利用して発電事業を行っています。

※バイオガス:生ごみや生物の排泄物、作物の発酵により発生するガスで、燃料として利用できます。

●売れ残り食品のリサイクル実施エリア

●売れ残り食品のリサイクル・実施エリア

食品リサイクルの事例1

福岡市では、売れ残り食品の飼料化リサイクルを2014年10月から実施しています。店舗から排出される売れ残り食品は、株式会社環境エイジェンシーの食品リサイクル工場に運搬され、破砕後、減圧・乾燥により飼料製品に加工、養豚農家や飼料メーカーへ出荷されます。

食品リサイクルの事例2

食品リサイクルの事例2

富山県では、富山市・射水市・上市町・立山町・舟橋村の5市町村で売れ残り食品のリサイクルを実施しています。店舗から排出される売れ残り食品は富山グリーンフードリサイクル株式会社へ運搬され、発酵させてバイオガスと発酵液を作ります。バイオガスは発電に使用され、工場の電力に活用されます。発酵液は剪定した枝をチップにしたものに混合され、肥料になります。

食品リサイクルの事例1