夢を応援基金(東日本大震災奨学金制度)

奨学生からのメッセージ
2012年2月掲載 奨学生からのお礼の声
2013年3月発行 小冊子「1,097のありがとう」

「夢を応援基金(東日本大震災奨学金制度)」とは

東日本大震災の影響で就学が困難になった学生さんたちを応援したいという想いから、2011年4月14日にローソンが創設しました。
1,097名を対象に、最長7年間、月額3万円の奨学金支給のほか、無料講演会やライブ、実践型教育プログラムなど、さまざまな活動を通して学生さんが社会に飛び立つまでをサポートしてきました。(詳しくはコチラ:外部リンク

多くの皆さまのサポートのおかげで、1,097名の奨学生は新たな一歩を踏み出しています。

2019年3月31日をもってこの奨学金制度は役目を終え、終了しました。
これまでの多大なるご支援、まことにありがとうございました。ローソンはこれからも子どもたちの夢を応援していきます。

<基金事務局>

チャリティ・プラットフォームHP

<連携パートナー>

教育新聞社
ブリッジ・フォー・スマイル

<協力パートナー>

七十七銀行
東邦銀行
岩手銀行